株式会社ハルカインターナショナル

新着情報

  • 2019.08.12 東京本社を、千代田区丸の内1-11-1、に開設しました。
  • 2019.08.11 国産干しシイタケ普及協会を設立しました。
  • 2019.07.01 イスラエルの先進農業関連企業、農業研究機関との共同事業研究の準備を始めました。
  • 2019.06.30 全国会計士事務所グループTKC様の月刊機関紙「戦略経営者」7月号に、弊社事業が取り上げられました。
  • 2019.06.30 弊社独自開発のシイタケ種菌、ハルカ19号が日本国種苗法による 品種に登録されました。登録番号27494
  • 2016.12.22 NRI野村総合研究所主催の「2016学生小論文大会」大学生部門に、井上はるかさん(早稲田大学在学中)が「砂漠緑地化プロジェクト」を提案、最優秀の大賞を受賞しました。

国産干しシイタケ普及協会を設立しました。

当社は国内菌床シイタケ栽培メーカーとして、干しシイタケも生産販売しています。もちろん、干しシイタケも有機JAS認証を獲得しています。残念ながら、他のほとんどのシイタケ菌床メーカーでは、生シイタケを乾燥加工しても、流通に耐えうる商品になり得ません。このため、一部業界は、中国産を国産に偽装、あるいは混入させて、安全であるべき学校給食などに公然と流通させています。私たちは9月から、協業社、監督官庁、関係団体とともに、この実態の是正に努めます。詳しくは合同会社清流日本サイト、https://www.sn-conso.jp を御参照ください。

私たちが目指すSDGsの地平線

20年前、中国・杭州市郊外でアガリクスを生産開始して以来、キノコ生産に関する技術革新を重ねてきました。自然環境が素晴らしい岐阜県の山間の地、郡上市和良町でさらに技術を高め、菌床キノコ業界唯一無二の有機JAS認証(認証機関JONA)を取得。種菌から菌床、フレッシュキノコ、乾燥キノコまでを一貫生産販売する総合メーカーです。岐阜県近隣の雑木おがくずを原料に、オーガニックな生産工程はキノコ菌本来が持つ力を利用した自然開放型生産技術です。JICA(国際協力機構)とともに、ブータン王国の農業技術支援として、キノコ生産の実証事業にも成功。キノコ菌床を中東に輸出し、キノコ販売とともに、栽培を終えたオーガニックな菌床を砂漠緑地化に活用するという構想に挑んでいきます。時代が求めるニーズに応える。次代を開くシーズをつくる。従来のキノコビジネスモデルを超えていきます。

日本初から、世界初、世界一へ

日本で初めて、菌床キノコの有機JAS認証獲得
日本で初めて、高級キノコ、キヌガサタケの人工栽培に成功
日本初、洪水抑止へ不用な河畔林を、菌床原料に本格活用
日本一、ダントツのキクラゲメーカー
日本一、8種類の有機JAS認証キノコの栽培技術を確立

世界で初めてブータン王国でキノコの実証栽培に成功
世界で初めて、キノコ菌床を活用した砂漠緑地化ビジネスに挑みます。
世界一、砂漠を農地化する企業として、ギネス登録に挑みます。

株式会社ハルカインターナショナルは菌床キノコ生産販売では、唯一無二の有機JAS認証取得企業です。おいしくて安心安全。当社はお客様のために日々技術革新を進めています。

ABOUT

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP