株式会社ハルカインターナショナル

新着情報

  • 2020.03.31 NHKテレビ、3月31日午後6時30分〜まるっと岐阜で、当社が紹介されます。
  • 2020.03.25 NHKテレビ、3月28日午前7時30分〜ウイークエンド中部で、当社事業が紹介されます。
  • 2020.03.25 岐阜新聞でアミガサタケ(モリ―ユ)日本初、人工栽培成功が紹介されました。
  • 2020.01.20 2月1日付の中日新聞生活面に、キクラゲトップメーカーの弊社事業が紹介されます。
  • 2019.12.08 10日午前10時〜京都高島屋南隣、good nature station 前庭で有機JASシイタケ収穫体験イベントを実施します。
  • 2019.10.21 東海農政局主催「しいたけ収穫体験事業」に協力致します。http://www.maff.go.jp/tokai/press/seikatsu/191004.html
  • 2019.10.04 国産干しシイタケ普及協会の顧問に、元岐阜県警幹部に就任して頂きました。
  • 2019.08.12 東京本社を、千代田区丸の内1-11-1、に開設しました。
  • 2019.08.11 国産干しシイタケ普及協会を設立しました。
  • 2019.07.01 イスラエルの先進農業関連企業、農業研究機関との共同事業研究の準備を始めました。
  • 2019.06.30 全国会計士事務所グループTKC様の月刊機関紙「戦略経営者」7月号に、弊社事業が取り上げられました。
  • 2019.06.30 弊社独自開発のシイタケ種菌、ハルカ19号が日本国種苗法による 品種に登録されました。登録番号27494
  • 2016.12.22 NRI野村総合研究所主催の「2016学生小論文大会」大学生部門に、井上はるかさん(早稲田大学在学中)が「砂漠緑地化プロジェクト」を提案、最優秀の大賞を受賞しました。

【2回目募集、岐阜県出身で、県外全国在住の学生、医療従事者を対象】

政府の帰省自粛、外出自粛要請がさらに延長されます。このため、1日から岐阜県出身者の学生、医療従事者の皆様に、シイタケ菌床の栽培セットを送付させて頂きます。対象者は18歳〜30歳までの岐阜県出身者の学生、または医療従事者で、岐阜県以外の全国在住者。応募枠は500人。学生の方は飲食店、家庭教師等のアルバイト機会を失い、また、医療関係者はコロナウイルス対策で心身が疲れている状況が推察されます。その上で帰省自粛や医療業務に努める皆さまに、弊社の活動を御利用頂ければ大変幸いです。帰省自粛の支援が趣旨ですので、岐阜県在住者の方の応募は受けられません。御理解ください。
送料も無料です。着日指定は出来ません。
申し込みは、当サイトのcontact欄、スマフォ画面なら当サイトお問い合わせ欄で必要事項を記入、送信して下さい。5月4日から月内に順次、発送致します。先着応募100人にマスク10枚入り1パックずつも同梱致します。

【1回目栽培体験の皆様へ、菌床再利用の案内】

1回目の応募者1500人の皆様、シイタケ菌床の栽培、うまく出来ましたか?栽培が終わった菌床を捨てないで、と連絡してありますが、いよいよ、2回目の栽培方法をお伝えします。栽培再開は、1回目の収穫終了が、例えば4月20日でしたら、2週間後の5月4日以降になったら始めて下さい。方法は①乾燥した菌床に、水を含ませて元の重さに戻します②不用な割りばしを使って、菌床に20カ所、まんべんなく突き刺して、深い穴を開けて下さい③台所のシンクや、底の深いポリバケツなどに水をたっぷりと入れ、菌床を入れてください④10時間沈めてください。菌床は浮きますから重しを載せてください⑤10時間経過したら、菌床を引き上げ、1回目の重量(1・5キロ以上)程度になったことを確認後、1回目と同じ散水・保湿作業を毎日行ってください。公式ツイタ―で近日、作業方法を動画でも紹介します。

アミガサタケ(モリ―ユ)日本初の人工栽培に成功

フレンチ、イタリアン高級料理で使われるアミガサタケ(モリ―ユ)の人工栽培に、日本で初めて成功しました。3月23日時点で累計1000本ほどの子実体を採取しています。4月いっぱい、生長しています。累計10万本ほどの採取を見込んでいます。安定した商用人工栽培は、世界でも例がありません。当社は、これまでの技術を応用して挑戦していきます。

十六銀行ニュービジネスプランコンテスト優秀賞!

ニュービジネスプランコンテスト、NОBUNAGA21(十六銀行、野村証券、デロイトトーマツ主催)で、弊社提案のビジネスモデル「オーガニックアライアンスジャパン」が優秀賞を受賞しました。有難うございました。

日経新聞ビジネスコンテストに推薦出場、入賞しました!

弊社のビジネスモデルが評価され、日経新聞スタ☆ピッチコンテストの中部ブロック企業として推薦出場しています。以下、サイトで動画や資料を通じて、独自のSDGsビジネスモデルを提案しています。
是非、評価ボタンをクリックして下さい。https://staatpitch.nikkei.co.jp/single.php?blockId=b05&id=b05_p10#main
1月17日までの選考で、十六銀行賞を獲得しました。有難うございました!

ブータン王国ワンチュク国王に謁見

2019年10月25日、即位の礼で来日中のブータン王国ワンチュク国王御夫妻に、弊社の井上九州男会長が謁見しました。現地で菌床キノコ栽培事業に成功している弊社の取り組みに御関心を寄せてみえるとのことです。キノコ事業連携先の㈱新日本科学の永田良一会長の仲介で実現しました。

東証上場企業、新日本科学様などと事業連携

当社と、東証上場企業、新日本科学様など全国5企業と事業連携を始動しました。各拠点でキノコ菌床製造などを行い、オーガニックな循環農林業の進展させます。詳細はこちらを御高覧ください。https://www.atpress.ne.jp/news/194209

国産干しシイタケ普及協会を設立しました。

キノコ生産、卸売りの一部業界は、中国産を国産に偽装、あるいは混入させて、安全であるべき学校給食などに国産干しシイタケとして公然と流通させています。私たちは9月から、協業社、監督官庁、関係団体とともに、この実態の是正に努めます。詳しくは合同会社清流日本サイト、https://www.sn-conso.jp を御参照ください。

PR動画を公開致します。

私たちが目指すSDGsの地平線

菌床キノコ業界唯一無二の有機JAS認証(認証機関JONA)を取得し、種菌から菌床、フレッシュキノコ、乾燥キノコまでを一貫生産販売する総合メーカーです。岐阜県近隣の雑木おがくずを原料に、オーガニックな生産工程はキノコ菌本来が持つ力を利用した自然開放型生産技術です。キノコ菌床を中東に輸出し、キノコ販売とともに、栽培を終えたオーガニックな菌床を砂漠緑地化に活用するというビジネスに挑んでいきます。

日本初から、世界初、世界一へ

日本で初めて、菌床キノコの有機JAS認証獲得
日本で初めて、高級キノコ、キヌガサタケの人工栽培に成功
日本初、洪水抑止へ不用な河畔林を、菌床原料に本格活用
日本一、ダントツのキクラゲメーカー
日本一、8種類の有機JAS認証キノコの栽培技術を確立
世界で初めてブータン王国でキノコの実証栽培に成功
世界で初めて、キノコ菌床を活用した砂漠緑地化ビジネスに挑みます。
世界一、砂漠を農地化する企業として、ギネス登録に挑みます。

CONTACT

株式会社ハルカインターナショナルは菌床キノコ生産販売では唯一無二の有機JAS認証取得企業です。おいしくて安心安全。当社はお客様のために日々技術革新を進めています。

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP